絶対身に付く英語教材比較・イングリッシュランキング

ライティング力をアップさせる為の学習ポイント

ここではライティング力をアップさせる為の学習ポイントをご紹介していきます。ライティングでの書くという作業はより英文に慣れる必要があります。 ではライティングにはどの様な学習法が良いのでしょうか?

ライティング〜初級編〜

英語での学習の内、ライティングは一番最後にやることをオススメしています。
といいますのも、ライティングはより文法や単語に慣れることが必要だからです。
しかし、リーディングやスピーキングを既にマスターしてしまっていれば、ある程度ライティングに対応する事が出来てしまいます。
無理をせずに、気軽な気持ちでスタートしてみましょう。

書く事に慣れる

日本語でも作文やレポートを書くとなると、困難です。
ですので、まずは少しづつ書く事に慣れることからスタートしましょう。

日記をつける

簡単なものでいいので、毎日英語で日記を書いてみましょう。
まずは単語を並べるだけでもいいので、英語を書くという習慣をつけましょう。

ライティング〜中級編〜

単語が少しづつ書ける様になってきたら、それを文にする事に挑戦してみましょう。
また、リスニングの様に、一つの文で理解出来るものをライティング出来る様にしていきましょう。

文法を理解する

文法を理解しましょう。
頻繁に使用されるものは決まっています。
まずはそこから少しづつ覚えていくといいでしょう。

相互添削型SNSを活用する

相互添削型SNS「lang-8」というサイトがあります。
これは自分のライティングを会員のネイティブが直してくれるというものです。
コミュニケーションを取りながら行えるので、楽しんでライティングを身に付ける事が出来ます。

ライティング〜上級編〜

ライティングが上達してくると、様々な事が可能になります。
TOEICやTOEFLにもどんどん挑戦していきましょう。

習慣が大切

ライティングも少しでいいので毎日行いましょう。
日記やスケジュール、SNS等をライティングしてみて下さい。

用途に合わせたライティング

英語でも友人に手紙を書くのとビジネス文書を書くのでは、その書き方は違ってきます。
ですので、用途に合わせたライティングを行うようにしましょう。
TOEICやTOEFLに挑戦し、違う分野で学ぶという事でより英語力を上げることが出来ます。

オススメのスピーキング用教材