絶対身に付く英語教材比較・イングリッシュランキング

リーディング力をアップさせる為の学習ポイント

ここではリーディング力をアップさせる為の学習ポイントをご紹介していきます。リーディングは読む力を身につける事が大切です。 ではどのようにして読み解く力を身に付けていけばいいのでしょうか?

リーディング〜初級編〜

普段日本語での会話に困る事が無い人でも、難しい本を開くと読むことの出来ない言葉は多くあります。
しかし、その本に書かれている大体の事が理解出来ると思います。
リーディングもそれと同じく、解らない単語があっても補うことが出来てしまいます。

繰り返し見る

リーディングの勉強をライティングの勉強と同時に進める人がいますが、それは効率が良くありません。
見たり読むだけであれば1秒で出来る事が、書く事によって10秒も掛かってしまいます。
同じ時間を勉強に当てるのであれば、とにかく繰り返し様々な単語を見る事です。

何でも日本語に訳さない

これは全てにおいて言えることなのですが、全てを英語に訳さない様に意識してみて下さい。
同じ単語でもシチュエーションや組み合わせで意味は違ってきます。
日本語のキーワードを頭の中に置いて、読み進める感覚でレッスンしてみて下さい。

子ども向けの絵本や教材を活用

子ども向けの絵本や教材では、フレーズや決まり文句があります。
頻繁に使われる語彙を覚えていくと良いでしょう。

リーディング〜中級編〜

単語が読めるようになってくると、英文を読む事が楽しくなってきます。
そうなればリーディングはもう身に付けたようなもの。
楽しみながら学習し、リーディングをアップさせていきましょう。

文法を理解する

映画の字幕等であれば、会話と同じくあまり文法にとらわれる事もありませんが、難しい本になれば文法が必ず必要になります。
苦手な人は楽しい勉強の合間に、少しづつ文法を取り入れて学習していって下さい。
これを覚えれば、ほぼリスニングはマスターしたと言っても良いでしょう。

楽しいリーディング法を見つける

映画の字幕を読むのであれば、一緒にリスニングも勉強する事が出来ます。
漫画が好きな人は海外版の漫画で、ゲームが好きな人は海外版のゲームで遊びながらリーディングを行なっていきましょう

リーディング〜上級編〜

ある程度のリーディング力が身に付いたら、後はやることは一つ。
リーディングをする習慣を身につけましょう。

新聞や雑誌は英語で

新聞は英字新聞、雑誌も海外のものを選びましょう。
毎日、少しでもいいのでかならず読むという習慣を身につけると、よりリーディング力を上げる事が出来ます。

速読する

ある程度読めるようになってきたら、読むスピードを意識してみて下さい。
速読する事により、よりスムーズに、より多くの英文を読み進める事が出来ます。

オススメのスピーキング用教材