絶対身に付く英語教材比較・イングリッシュランキング

リスニング力をアップさせる為の学習ポイント

ここではリスニング力をアップさせる為の学習ポイントをご紹介していきます。リスニングにおいては、良く『英語耳』という言葉を目にします。 その『英語耳』を形成する為にはどんな学習が必要なのでしょうか?

リスニング〜初級編〜

字幕を無くして映画を見てみると、意味の解る単語がいくつかあるはずです。
そう、それはしっかりと英語を聞き取り、意味を理解しているという事なのです。
理解出来る言葉を少しづつ増やしていく事。
それがリスニングなのです。

日本英語との違いを知る

ほとんどの人が学校の授業では日本英語を学んできています。
仮に日本英語がネイティブに通じたとしても、自分自身がネイティブ英語を理解出来ないでしょう。
ですので、ネイティブ英語の発音をしっかりと把握出来るように意識しながら学習に取り組みましょう。

音の違いを知る

日本語の周波数が最大1500Hzなのに対し、英語の周波数は3000Hzと日本語の2倍にあたる周波数となっています。
この高い周波数を聞き取れる様になるために、まずは繰り返し聞いて慣れる事が英語耳を作る第一段階になります。

理解出来る単語から意味を拾う

「リスニングは繰り返し聴くことで理解できる。」
「いくら繰り返し聞いて理解出来るようにならない。」
このように全く逆の事を言っている教材があります。
聴き慣れなければ聞取れませんし、意味を解らないものは何度繰り返しても意味は解りません。
どちらも言える事なのですが、まずは聴きなれる様にしながらも理解出来る単語から意味を拾い集め、なんとなくで良いのでどんな事を話ているのか考えてみましょう。

リスニング〜中級編〜

意味を把握している単語の数が増えると、徐々にどんな事を言っているのかが理解出来るようになります。
しかし、単語を覚えるだけの学習を続けても効率は良くありません。
さらに『英語耳』を形成していきましょう。

一つの文で理解する

日本語の語順と同じように考えていると、英語を聞取る事は困難です。
ですので、英語の語順のままですんなりと理解出来るように慣れていく必要があります。
解らない単語は聞き流し、あくまで意味を理解する事に重点を置きながら慣れていくといいでしょう。

リスニング〜上級編〜

リスニングが上達してくると、スピーキングも同じように上達してきます。
ですので、どちらも上達するように、どんどん実践をしていきましょう。

ネイティブと話をする

SNS等を通して、世界中の人と知り合える事が出来ます。
SKYPE等を利用して実際に会話をしてみましょう。
国によって訛りがあるので、様々な国の英語に触れることより、より実践的なリスニング力が身に付きます。

DVDや海外TVも活用

実際に毎日ネイティブと会話をする事は大変です。
ですので、DVDや海外TVも活用しましょう。
登場人物の言っている事を理解し、同じ事を繰り返し言ってみるのもいいでしょう。
また、その相手となって、勝手に会話を続ける事でもリスニング力とスピーキング力を向上させる事が出来ます。

オススメのリスニング用教材